シングルマザーが親と同居|手当はいくらもらえる?

「シングルマザーの手当てがあるって聞いたけどどんな内容なの?どこで申請すればいいの?」とお悩みではないでしょうか。

この記事で紹介するシングルマザーの手当ては、児童扶養手当です。

児童扶養手当の申請は現在、住んでる場所の市町村役場です。申請をしても、手当てはもらえないこともあります。

児童扶養手当の条件や、親と同居してる場合も紹介しますので最後までご確認くださいね。

目次

児童扶養手当とは

家庭の生活保障、自立のためにひとり親(母子・父子家庭)で子育てをしている家庭がもらえる手当てのことです。

児童扶養手当の期間は、子供が18 歳になった年の 3 月31日まで支給されます。

児童扶養手当の支給額

児童扶養手当の支給額は、毎年変わります。

厚生労働省ホームページに詳しく載ってます。

物価スライド制を導入します。
物価の上下に合わせて支給額が変わる 「物価スライド制」を、児童扶養手当 の加算額にも導入します。

引用:厚生労働省(https://www.mhlw.go.jp/bunya/kodomo/osirase/dl/150523-1a.pdf

令和2年現在、月額の金額はこちらです。

子供1人の場合

  • 全部支給 43160円
  • 一部支給 43150~10180円

子供2人の場合

  • プラス5100~10190円

子供3人以上の場合

  • プラス3060~6110円

わが家は子供2人、全部支給で、月額53350円です。

内訳

  • 1人の場合の全部支給43160円
  • 2人目の加算10190円

児童扶養手当の支給日

なんと2019年11月分からは、2カ月分を奇数月に支給と変更されたのです。

  • 1~2月分⇒3月
  • 3~4月分⇒5月
  • 5~6月分⇒7月
  • 7~8月分⇒9月
  • 9~10月分⇒11月
  • 11~12月分⇒1月

それまで児童扶養手当は、4カ月分を年3回支給されていました。

ゆゆまま

金額は大きいけど毎月支給してほしいわ!と思っていましたよ。

短期間ごと支給された方が生活費に充てられるので、すごく助かっています。

親と同居してる場合でも児童扶養手当もらえる

実際にわたしは親と同居していますが、児童扶養手当をもらっています。

ゆゆまま

シングルマザーになったときはネットの情報や周りの情報で、親と同居していたら絶対もらえないと思っていました。

親と同居して、世帯を分けたとしても親に所得があれば親が扶養義務者となります。

しかし扶養義務者の親と、分けて計算されるため所得によって児童扶養手当は支給されるのです。

ゆゆまま

親の所得が一時的に増えたときは所得オーバーで、手当てを受けられない時期もありました。

まとめ

児童扶養手当は所得によって、もらえるかもらえないか変わります。

申請には時間がかかるので、離婚したらすぐに取りかかりましょう。

申請したあとも毎年、更新の書類(現状届)を提出する必要があります。

一度申請してしまえば、更新の書類(現状届)は届出した市町村役場から送られてくるのです。

所得が変われば前年もらえなくても、今回もらえる可能性もあります。

毎年現状届を提出するのは大変ですが、チャチャっと済ませちゃいましょう。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

シングルマザー歴9年。シングルマザー向けの情報発信をしています。
9歳、2歳を子育て中のまま。

目次
閉じる